梅雨を快適にハーブガーランドの作り方|癒しのハーブライフ


こんにちは。春の暖かさを過ぎ子供の日を過ぎると町の街路時のつつじが花を咲きはじめます。
その景色を見るともうすぐ梅雨が始まるなと思い、ハーブを室内に取り入れたくなります。

 

ハーブを飾るだけで、その香りに部屋が爽やかになります。
ハーブを栽培していない時には、ハーブは高級品とイメージが強かったのですが自宅で育て始めるとハーブが生活の一部になり高級品と思うどころか、どのように使って消費していこうかと思うほど身近なものになりました。

 

始めるまでの一歩を色々な考え方にとらわれてしまうのは私のサガなのでしょう。

 

さて、今回は近年では馴染深くなった「ガーランド」をハーブで作りたいと思います。
用意するものから、作り方の手順や個性的に仕上がるコツも一緒にお伝えしていきます。

 

 

ハーブガーランドとは?

近年よく耳にする「ガーランド」ですが、「ガーランドとは何?」と思われる方も少なくないと思います。
簡単に説明をしますと「ガーランド」とは「紐に旗や植物を吊るしたもの」をいいます。

誕生日会やパーティーに飾る方が特に多いように思います。部屋を華やかに演出できることから使われ、100円均一でも手頃に購入できるようになりました。

ハーブで作るガーランドは、ハーブの特徴を活かして「香りによるリラックス効果」「消臭効果」の他にもキッチンに飾る「食べられるガーランド」も作られることがあります。
それでは早速ハーブガーランドを作っていきましょう。

 

用意するもの


・お好みのハーブ・・・15本(今回はミントを使用)
・麻の紐・・・長いもの1本と結びつけるように短いものを5本
・新聞紙・・・一枚
・ハサミ・・・1つ
・油性マジック・・・1本
※頑丈にしたい方はボンドも使います。

 

作り方

①新聞紙を引いた机の上で、ハーブの長さをだいたい同じ長さに揃え下についている葉をとります。

②長い麻の紐を5等分になるように油性マジックで印をつけます

印のあるところに、ハーブ3本を麻の紐で片結びします。2回片結びをしましょう。(5ヶ所行います。)

③壁に飾って完成です。

ハーブは水分量が多いので、日にちが経つと結び目よりも茎が細くなりハーブが取れやすくなります。
頑丈なガーランドを作りたい方は工程②で片結びをした時にボンドで固定すると取れにくくなりますよ。

そのままのガーランドでもナチュラルでとても可愛いですが、2~3種類のハーブで作ると更に魅力的なハーブガーランドになります。

自宅で咲いたお花や店頭で購入したお花も一緒に飾ればエレガントになりますよ。

食べられるガーランドでは、お料理に活躍するハーブを飾るのがオススメです。
「ローリエ」「ローズマリー」「タイム」と一緒に「にんにく」や「生姜」なども一緒に飾るといいですね。

沢山アレンジができるハーブガーランド。皆様も是非この記事を参考にお作りいただけましたら幸いです^^

 

子供と楽しむガーランド作り

今回のハーブガーランドは、お子様とも一緒に手作りができ楽しめます。
例えば、印をつけるのをお子様にしてもらったり、片結びができるお子様はそれもできますね。

 

飾る場所をどこにするか一緒に考えるのもいいと思います。
梅雨が始まり、じめじめした中にもお子様と一緒に作ったガーランドがあれば爽やかな気持ちにもなれます。

「一緒に作ったから特に癒されるね^^」と楽しさやリラックスを共有するのもいいですね。
生活の中で自然とリラックスの方法を覚えられるのも、ハーブを使うメリットでありオススメのポイントです。

今年の梅雨は、ハーブガーランドで快適にお洒落に楽しくお過ごしいただけましたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

投稿者プロフィール


白山美奈子

トータルハーブコーディネートHERBAを主宰しています。ボランティア活動から企業様向けハーブレシピ開発や各会社様へ出張ハーブ講座、

また講師向けハーブコーディネートスキルアップ講座を開催しています。

 

■HP

https://mother21.jimdo.com/