おいしく楽しい節分鬼退治!おすすめおやつレシピ | 季節を楽しむ!親子でにこにこ☆Happyごはん

 

もうすぐ立春。
2月3日は節分ですね。

豆まきをしたり、恵方巻を食べたり、毎年親子で節分を楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
節分の由来や意味、節分に食べるもの、大豆を使ったおすすめおやつをご紹介します。

 

 

邪気(鬼)退治には豆まきと柊鰯で!

節分とは、「季節を分ける」という意味があることをご存知でしょうか。

2月3日は立春の前日。
春が始まる日の前日なので「節分」と言います。

だから、節分は年に4回あるんです。

では、なぜ節分に「豆まき」をすることになったのでしょう。

元々、中国から伝わってきた風習。
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるという考えから、その邪気(鬼)を追い払う儀式として始まったそうです。

本来、豆まきをするのは、その年の年男かその家の主。
今では、家族で豆まきをするご家庭も多いですよね。

自分の数え年の数の豆を食べると、丈夫な体になり風邪をひかないとも言われています。

なぜ大豆を使うかというと…

豆の持つ力で邪気(鬼)を払い、幸福を呼ぶと考えられています。
また、「豆=魔(鬼)目」と読み、鬼の目に豆をぶつけてやっつける、という考えと「魔を滅する=魔滅」という語呂合わせが良いからとも言われています。

豆まきには、「炒り豆」を使いますが、これにも意味があるんだとか。

生の豆を使うと、拾い忘れた豆から芽が出てしまい、縁起が悪い、災いが起こるという考えから。

昔の人が考えた知恵ってすごいですよね!

邪気を追い払う儀式として、「柊鰯(ヒイラギイワシ)」を玄関に置く風習もあります。

昔から、臭いものやとがったものは邪気を追い払う効果があるとされているので、
焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺したものを玄関などの家の入口に置いて、邪気が家の中に入ってくることを防いでいます。

この時期になると、柊鰯と鬼のお面がセットでスーパーにも陳列されています。
今年は、豆まきと合わせて、鬼(邪気)退治してみてはいかがでしょうか。

 

 

節分には○○を食べて、邪気を追い払おう!

節分で食べるものと言ったら、「恵方巻き」「炒り大豆」が思いつくでしょう。
実は、節分の縁起の良い食べ物は他にもあります。

恵方巻きは、節分に食べるご家庭が多くなったかと思います。

恵方巻きは、その年の恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされる巻き寿司のこと。
「福を巻き込む」とも言われていて、巻き寿司を食べることでそのパワーをいただくことができると考えられています。

無言でかぶりつくのは、なかなか難しいですが、年神様のパワーをいただけるならチャレンジしない手はないですよね。

炒り大豆は先ほど述べたように、邪気(鬼)を払うために縁起の良い食べ物です。

他には、鰯、けんちん汁、こんにゃく、そば、くじらがあります。

鰯は、柊鰯にちなみ、焼いた鰯を食べ、頭を玄関などに飾るということです。
焼き魚だけではなく、フライやつみれ汁にして食べるのも良いですね。

けんちん汁は、元々は精進料理で、主に関東では昔から節分の日に食べられていました。
けんちん汁に大豆やこんにゃくを入れて食べるのも良いかもしれませんね。

こんにゃくは、「腸の砂おろし」と言われ、体内の毒素を体の外へ排出する作用があると考えられています。
体の中からきれいにして、邪気も一緒に追い払うことができそうですね。

そばは、年越しそばと同じような意味で食べられています。
昔は、節分が年越しと考えられていました。
細くて長い形状から長寿と健康を願い、また、箸で切れやすいことから災いや厄を払うと考えられています。

最後にくじら。
これは今ではスーパーで見かけることが少なくなってきましたが、山口県の風習で大きなものを食べることは縁起が良いとされ、さしみや竜田揚げ、くじら汁などで食べられています。

恵方巻きとけんちん汁、いわしのフライなどの節分献立にすると、体の中からいらないものを追い払って、年神様のパワーをいただくことができそうですね。

 

 

パクパク食べちゃう大豆のおやつ

炒り大豆もおやつになるけれど、今回は大豆の水煮を使ったおやつをご紹介します。

カリカリおつまみ大豆

=材料=
大豆の水煮  150g
片栗粉 適量
●醤油     大さじ1
●はちみつ 大さじ1
削り節(枯節) 1パック

=作り方=
1.大豆の水煮は水気を切って片栗粉をまぶす。

2.フライパンでカリっとするまで揚げ焼きする。

3.加熱している間にボウルに●を入れる。

4.油を切った(2)を(3)に一気に入れてボウルをフリフリ!!

5.仕上げに削り節を加えて混ぜ合わせて完成!

※大豆はドライパックのものでもOK。水気を切って片栗粉をしっかり付けないと油がはねるので注意ポイント。
※はちみつは砂糖やメープルでもOK。熱々のうちに大豆を入れれば勝手に溶けるのでボウルには醤油とはちみつを入れておくだけで良いです。
※削り節は製造過程によって、荒節と枯節に分けられます。枯節は荒節より旨味が凝縮されているので、少量でも料理をおいしくしてくれます。
常備しておくとママのお助けアイテムになりますよ。

大人も子どももパクパク食べられちゃう♪
食べ始めたら止まりませんよ~!

 

これで、今年の節分メニューはばっちりですね。
親子でいつもよりさらに楽しく過ごしてみてください。

 

 

 

投稿者プロフィール


管理栄養士 山口真弓

管理栄養士・幼児食アドバイザーで2児の母。所沢市内でママとベビー&キッズのための料理教室「スマイル☆キッチン」を主宰。
コラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園主宰の料理教室の講師、市の健康診断での栄養相談など、幅広くフリーで活動中。
近著に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』、『作り方・進め方が1冊でわかる 【決定版】はじめてのおいしい離乳食』。

ブログ
https://ameblo.jp/sanshokukenbi/

 

毎日の中でキラリと輝くためのエッセンス
キラリズムby HighFiveMom

コラム更新中 こちらをクリック